いまだに耐えるけれどもね。ええ。あすには心がまえ。そうしてですけれどもね。

野球の方も、こっちのほうですけれどもね。そっちのほうは、ダメなほうに気合いをされそうですけれどもね。という結果ね。そんな感じでね。あるけれどもね。
でね。どうしたら?ということでもね。あるけれどもね。
よっしゃ、会話変えてですけれどもね。黒田なのですけれども、200勝ね。それでは、おめでとうございます。
これは、素直に言いたいとしてはおります。で、高校生年代は、控えの投手であったことが、今まで大きな被害がなく、公演できたのかな?と思っていることですし、そうして、アメリカをめぐっても、一気に照準できたのが大きかったですね。
よっしゃ、切り替えてですけれどもね。どうしましょうかね?今日の競争の結果ヒストリーをね。気持ちにはなっているそんなところではいるのからね。何とかね。しておこうというね。そんな感じでね。おる辺りのですよね。
特に、立ち寄るそういう対処をね。一先ずはしてはおこうといったね。そんな感じでね。思ってはね。おるのですよね。
乗ずる鉄道とかそういったのもね。考えてはおきたいですしね。ただ。元本というのもね。有限ではないからね。そちらの絡みもあるけれどもね。ここで