1,2,3番はでて、2圏外2塁とかですと

、除けるときされますし、5番以降の打者で勝敗ということも想定されますからね。
というとき。
一番。おいらは本当は、ここに置きたい。パリーグであるのであれば。しかし、こうなると、スタートは仕方ないですけれども、一番に捨て置くって、ランナーいないときの打席は増えて仕舞う。ホームランもソロホームランの1科目って2ラン、3ランで一括立て直しが仲間としては、こわいので、それができがたい。
一番であると、2番打者は、なんとなく弱々しいので、1塁が空いている状況では歩か浴びる。排除を浴びる状況に患う。
DHあれば、投手は打順に入らないので、9番にある程度打てるアスリートを送るというこんな幅もあるのですが、9番にそんなアスリートを捨て置くということは、そのアスリートは、打順がまわって欠けることを意味しますから、有するいないので、それも避けたい。
そうして、スタートにかならず打順がまわって現れる。
当たり前のためはあるのですが、野球は3圏外をとらないと、入れ替わりにならない結果、2圏外ランナー無しでもスタートに打席に立つことができる3番という打順がベターかと思いますね。
打順がまわって現れる、スタートに打席整えるメリットを考えるって。http://newsana.mobi/